仕合わせの手紙とは

長門(ながと)市をご存じですか?

山口県の西部。
海と山に囲まれた美しい自然のまち「ながと」。
お洒落なファッションビルや高層マンション、ファーストフードチェーン店もない。
だけど、とびっきりの自然がある「ながと」。
自信を持っておすすめできるのは、何十年もずっと変わらない豊かな美しい自然。澄みきった空気と輝く星空。そして何より素朴であたたかい人たちです。

もちろん市の中心部にはレストランやスーパーマーケットもあり、にぎやかさはあるものの、少し車を走らせると、123基の鳥居が並ぶ元乃隅神社や悠久の時間と自然の力が創りあげた海上アルプス「青海島」の奇石、パノラマオーシャンビュー「千畳敷」等々、大迫力の自然を感じることができる景勝地が多数あります。
また、川のせせらぎと虫の声が響く、いにしえの湯治場「俵山温泉」も知られています。

湯本温泉の開発も進み、2017年10月には道の駅「センザキッチン」がOPEN。長門市は新しく変わってきましたが、その発展の礎石を築いた先人たちを忘れてはなりません。
そして今も長門を愛する素敵な人たちがいます。その方々にも光をあてながら、みなさんとのご縁を結んでいくのが、仕合わせの手紙です。

昭和の情緒が残る町並み。まるでタイムスリップしたかのような体験ができるグリーンツーリズム。サバイバル感あふれる登山など、自然や人にふれあうことで、その魅力を体感してもらえるきっかけづくりができたらと思います。そこには、意表を突く発見があるかもしれません。
ありのままの長門の姿をお伝えしていきます。

山口・ながとがあなたとめぐりあえるように、ながとの日常や「いいもん・うまいもん」等の情報を届けるために、「仕合わせ手紙」を書き続けます。
手紙が心とまり、あなたとご縁が結べますように-