里芋とナッツの甘酢あげ

里芋の粘りは「ガラクタン」と「ムチン」の食物繊維の成分からできています。胃や腸の粘膜を保護し、血糖値の上昇を抑える働きがあるといわれています。

材料(4人分)

  • 里芋 5個
  • 片栗粉 適量
  • (A)だし汁 1/2カップ
    (A)砂糖 大さじ2
    (A)しょうゆ 大さじ2
    (A)酢 大さじ2
    (A)塩 少々
    ※(A)は混ぜておく※
  • ピーナッツ 1つまみ
  • サラダ油 適量

作り方

  1. 里芋は、皮付きのまま茹で、火が通ったら取り出し冷ます。
  2. 冷めた里芋の皮をむき、軽く洗って、食べやすい大きさに切る。
  3. 片栗粉をまぶし、180度の油でカリッと揚げる。
  4. 揚げた里芋を、混ぜた(A)の中に浸す。
  5. まわりに味がしみこんだら取り出し、皿に盛り、少し砕いたピーナッツをかけて出来上がり。

うまいもんたち

栗の皮むき第2弾 渋皮むき

生の栗の渋皮を包丁で丁寧に剥く方法です。
よく切れる包丁を用意してくださいね。

酸味と甘みのハーモニー 里芋とナッツの甘酢あげ

里芋とナッツを甘酢でからめた子供に人気の一品です。

たっぷりうま味をすったホクホクのじゃがいもがたまらない!煮物の王道 肉じゃが

豚肉を使った、日本のおふくろの味「肉じゃが」のレシピをご紹介します。

大人も子供も大喜び!ゆずきちシロップ

ながと産のゆずきちを氷砂糖で漬けて、シロップにしました。
ソーダで割って子どもさんのジュースに、焼酎にいれて大人のお酒に、老若男女に喜ばれるので重宝します。

口いっぱいに広がる磯の味 生わかめのカリカリ揚げ

生わかめをにんじんと一緒に揚げ、生わかめがモチモチとしてふっくらと仕上がりました。

パーティーにもぴったり!かまぼこときゅうりの酢の物

そのまま食べても美味しい仙崎かまぼこは、野菜との相性もピッタリです。紅白かまぼこを使えば、おめでたい席でも使えます。寿司酢を使うので、手間がかからず美味しくできますよ。

ながとの定番ふりかけ「しそいりわかめ」

老若男女に愛される伝統の味。