Update:2021/1/19

秋色気分で食事も爽やか

畑のゆずきちたちも黄色く色づいてきました。
おんなじ様に、窓から見えるイチョウの木も、日に日に黄色味を増していきます。


ぼーっと生きていると、大切なものを見逃したまま人生が終わってしまいそうで、気持ちに焦りが出てしまったり。
こういう時は、朝からこんを詰めて何かをやっていて、食事をとってなかったりします。
さっぱりしたい気分の時は、やっぱり果物や酸っぱいものがいいですね。

トーストにゆずきちのコンフィチュールを添えて、ハーブティも淹れていただきます。
ゆずきちって、ペクチンがしっかりしてるんですね。
そのままゼリーみたいに食べても美味しそう。

ちょっとデザートが欲しかったので、バニラアイスと層に重ねて、棚田米ビスコッティも添えてみました。
ミニパフェ風になって、楽しい気分になります。

先日のいただきものの猪は、半分は自家製の塩麹に漬けていたので、それもサッと焼いて、サツマイモのピクルスと。
このピクルスもゆずきちの酸がしっかりと感じられるので、お肉料理にはぴったりです。

「猪は山の野菜」と猟師さんが書いてらしたのが、とても納得いく気がします。
猪もピクルスも俵山産。

どこかに出かけなくても、少しの工夫で良い気分転換になりました。

関連キーワード