Update: いとう家にんにく味噌

いとう家さんのお味噌

我が家の台所で欠かしたことのないもののひとつは「お味噌」。日本人なら嫌いな人はいないのでは?

それぞれの地域、それぞれの家庭でいろんな味があるのがいいですよね。

それから、お出かけしたときの、「旅館の朝ごはん」が大好き。そこでとれた旬の野菜や、味付け、そしてお味噌。その土地ならではのいい香りがしますよね。

さて、お味噌(味みそ)の話。
長門でもいろんなお味噌を作られている方がいて、ゆずやしょうが、にんにくといった味がとくに多いです。といってもそれぞれ個性があって、こだわりがあって、みんなちがってみんないい!のような、おいしいお味噌がたくさんあります。

今回は、仕合わせの手紙で販売されている長門の「いとう家」さんの4種類お味噌をご紹介します。

しょうが味噌

お野菜とも合うけれど、試しに小さじ2杯ほどをお湯でといて、ネギをちらすと簡単スープに。生姜がほんのりきいていて、やさしい甘みを感じます。生姜は体を温めてくれるので、こうしてスープにするのもありだなぁ・・・

いとう家しょうが味噌

ゆず味噌

柑橘の風味がとってもうれしいゆず味噌。
ジャム感覚でたっぷりとバターをのせたトーストに合わせていただきます。ちょっぴり塩味を感じるので、食べ飽きないですね。

いとう家ゆず味噌

にんにく味噌

にんにくって、少し入るだけで美味しさと旨味アップの、優秀選手。
お野菜や豆腐など、淡白なお味のものもとたんに満足感が増します。さつま芋も最近長門市内の産直のお店にも並ぶようになりました。
蒸したお芋と、豆腐もきゅうりも俵山産です。

いとう家にんにく味噌
にんにく味噌を野菜のディップとして

じゃこみそ

じゃこみそは、やっぱり炊きたてご飯にのせたい。こちらも俵山の新米を炊いて、たっぷりとのせていただきます。
新米は、美味しすぎて飲む!ように食べてしまいます…。
食べすぎ注意ですね。

これとお味噌汁で、大満足な食事になります。
幸せ。

いとう家さんは、やまぐち・ながと地域の資源を使った「ときめく」商品づくりをコンセプトに、農薬などを使わない体にやさしいものづくりをされています。

その他のお店の味噌

関連キーワード